金剛筋シャツ

金剛筋シャツで運動

投稿日:

リンパって一体何?

金剛筋シャツの効果のひとつとしてあげられるのが「リンパの滞りの改善」。リンパがしっかり流れることによって、むくみもよくなります。

金剛筋シャツばかりでなく、「リンパ」という言葉は健康・美容関係で近年よく使われるようになりました。しかし「体のためにいいのだろう」と何となく思うだけで、ハッキリした意味については言えない人が多いはずです。

ここで説明しておくと、リンパは別名「リンパ液」。リンパ管という導管を流れている体液のひとつです。

医学的に説明すると、「組織間隙腔(間質腔)内を毛細血管からしみ出た液体が移動して毛細リンパ管に入ったもの」ということのようですが、専門用語が多すぎて一般の人にはさっぱり意味が分かりません……。

要するに血液と同じで、体の中を流れている液体だ、と考えれば十分でしょう。

毛細血管からしみ出てきた液体は、体内の老廃物とともにリンパ管に入っていきます。

その老廃物は、800にも及ぶリンパ節(リンパ管が集結している部分)でろ過されるのですが、中には細菌、がん細胞など、体に悪影響を及ぼすものも含まれています。

つまり、リンパ液というのは悪いものを振り分けてくれる体液で、体の健康維持に大変役立っているのです。

また、リンパの中には白血球(リンパ球)も混じっていて、体内に侵入してくる病原体への抗体を生み出します。体の防衛機能においても必要不可欠な役割を果たしているわけですね。

では、リンパの流れが悪くなると、どんなことが起こるのでしょう?

実は同じ体を流れる液体といっても、血液とリンパではその流れ方に違いがあります。血液の方は心臓がポンプ役を果たして循環し続けますが、リンパはエンジン役として筋肉の収縮・弛緩を利用しています。

つまり、筋肉を動かしていないとリンパの流れはどんどん悪くなる、ということです。

流れが悪くなると老廃物のろ過能力が下がり、頭痛、肩こりなどの不調が生じてきます。さらにそれが高じると重篤な病気を発症する可能性もあるため、注意が必要です。

なるべく流れを活性化したいわけなのですが、それには適度な運動が不可欠。

しかしそうはいっても仕事などで多忙の場合、なかなか運動のための時間は作れません。

そんな人には金剛筋シャツがおすすめ。シャツを着用しているだけでリンパの流れが改善され、健康維持に役立ちます。

「鉄筋シャツ」と「金剛筋シャツ」はどう違う?

グーグルで「加圧シャツ」を検索すると、「鉄筋シャツ」と「金剛筋シャツ」という紛らわしい名前の商品が2つ出てきます。両方のページを見てみるとデザインもうり二つ。どういう差があるのか、戸惑ってしまう人も多いでしょう。

実は両方とも「メンズキング」という会社が発売している兄弟商品で、似ているのは当たり前なわけです。

もともと鉄筋シャツがオリジナルで、それをリニューアルして改名したのが金剛筋シャツ。リニューアルといっても元の鉄筋シャツもまだ販売されていて、金剛筋シャツと同様に売れています。

ではこの2つの商品にどのような違いがあるのでしょう? それは使っている素材です。

鉄筋シャツが「ナイロン90%、スパンデックス10%」なのに対し、金剛筋シャツは「ナイロン80%、スパンデックス20%」となっています。

値段の方ですが、両方とも全く同じで差がありません。

比較するとスパンデックスの使用量が増えた分、金剛筋シャツがいいように思えますが、それだけ着た時の加圧パワーも強くなります。軽めの方がいい、という人は、鉄筋シャツの方を選ぶべきです。

-金剛筋シャツ

Copyright© 『本当に効いた!金剛筋シャツの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.