金剛筋シャツ

金剛筋シャツが効果ないって本当?

更新日:

リンパとは何か

むくみが気になる
金剛筋シャツの効果のひとつが「リンパの滞りの改善」。その結果、むくみを治していきます。

「リンパ」という言葉は近年、健康や美容関係でよく使われるようになりました。「リンパを流す」という言い方もよく耳にします。

この言葉、聞く方でも何となく「体のためにいいのだろう」と思うだけで、ハッキリした意味については知らない人が多いはずです。

リンパは、リンパ液とも呼ばれ、体中に張り巡らされたリンパ管の中を流れている液体です。

医学的に説明すると、「毛細血管からしみ出た液体が組織間隙腔(間質腔)内を移動して毛細リンパ管に入ったもの」ということのようですが、一般の人にはチンプンカンプンです……。

要するに血液と同じように体の中を流れているものだ、と考えれば十分でしょう。

毛細血管からしみ出た液体というのは、体内の老廃物と一緒にリンパ管に入っていきます。

それらの老廃物は、800に及ぶリンパ節(リンパ管が集まっている部分)でろ過されるのですが、中にはがん細胞、細菌などの有害なものも含まれています。

つまり、リンパ液というのは体が健康を維持するのに大変役立っているのです。

また、リンパの中にはリンパ球という白血球も混じっていて、体内に入ってくる病原体に対する抗体を生み出します。体の防衛機能においても重要な働きを担っているわけですね。

では、リンパの流れが悪化すると、どういうことが起こるのでしょう?

実は血液とリンパというのはその流れ方の原理に違いがあります。血液は心臓がポンプ役となって循環し続けますが、リンパの流れの方は筋肉の収縮・弛緩がそのエンジン役となっています。

つまり、リンパは筋肉を動かしていないとどんどん流れが悪くなる、ということです。

流れが悪くなると頭痛、肩こりなどの不調があらわれてきます。さらに悪化すると重篤な病気を発症する可能性もあるので注意が必要です。

できるだけ流れを活性化したいわけですが、それには何といっても適度な運動が欠かせません。

しかしそうはいっても、仕事で忙しく、なかなか時間が作れないのが現実でしょう。

そんな人こそ金剛筋シャツがおすすめです。このシャツを着ているだけでリンパの流れがスムーズになり、健康維持に役立ちます。

金剛筋シャツはダイエットに役立つのか?

ダイエットについて考える
金剛筋シャツを着ていてもダイエット効果が得られず、逆に太ってしまった人がいます。

その原因は色々考えられますが、おそらく間違いないのは、消費カロリーに対して食べ物を摂取しすぎているということです。

金剛筋シャツは、着ているだけでダイエットと筋肉増強の効果が期待できる加圧シャツですが、それはあくまで以前と同じ生活を続けていた場合に限ります。

加圧シャツは分かりやすくたとえると、スポーツ漫画に出てくる強制ギプスのようなアイテム。日常生活において常に体に負荷をかけ、筋肉を使わざるを得ない状況に追い込んでいきます。

1日の総消費カロリーが2,600キロカロリーだとすると摂取カロリーがその数字を超えなければ太ることはありません。

金剛筋シャツによる加圧により消費カロリーは高まります。もしそれが3,500になれば、2,600キロカロリーを日々摂取したとしても900キロカロリーを消費していくことが可能です。

ちなみに内臓脂肪を1キロ消費するのに必要なカロリーは7,000キロカロリー。

金剛筋シャツを着用の上で以前と同じ生活をし、さらに摂取カロリーを下げれば、この7,000という数字はあっという間にクリアできます。

金剛筋シャツを着ているからといって食べる量を増やすのは厳禁です。なるべくカロリーを減らすように心がけましょう。

金剛筋シャツの口コミ評判は?

-金剛筋シャツ

Copyright© 『本当に効いた!金剛筋シャツの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.