金剛筋シャツとは?

金剛筋シャツとは?
姿勢矯正、筋肉量の増加、基礎代謝の向上によるダイエット効果を目指して企画・開発された「鉄筋シャツ」。大好評を得た結果、シリーズ累計売上は5万着に達しました。
その機能をさらにアップさせ、体幹トレーニングとリンパマッサージ効果を追加した最新バージョンが「金剛筋シャツ」なのです。

金剛筋シャツを着用すれば、ウエストの引き締め、体幹トレーニング、リンパマッサージ、姿勢矯正の効果が得られるため、無理な筋力トレーニングを行わなくても簡単にシェイプアップした肉体を手に入れることができます。

金剛筋シャツに効果は?

金剛筋シャツに効果は?
金剛筋シャツという商品が話題になっています。

着ると筋肉がついてくるというもっぱらの噂。一体どういうメカニズムで筋トレの効果を上げるのか興味を持ち、ネットで資料をチェックしてみました。

その結果分かったのは、どうやら「着圧」というもので筋肉がつくらしいのです。

つまりこのTシャツは伸縮性の強い素材でできていて、着ていると体を締めつけてきます。

その締めつけが負荷になって、いつの間にか筋肉がつくというわけです。

加圧も同じような原理ですが、あれは負荷がまったく違います。筋肉を器具で縛り、血流を制限します。

このことで脳に「強い負荷がかかった」と誤解させ、成長ホルモンを分泌させることで筋力増強に役立てるわけです。

これは特殊なトレーニング方法なので、資格を得たトレーナーの付き添いが必要です。

一方、金剛筋シャツの場合はあくまで着圧。加圧に比べると負荷は小さくなります。

ただ、着圧が強いとトレーニング中の姿勢保持に役立ったり、筋肉をサポートする効果があるとか。

結論をいうと、着るだけでも筋肉がつくかもしれませんが、肉体改造は筋トレ、そして食事のコントロールをともなわないと十分な効果は得られません。

ただ、確かに筋トレ中の姿勢の保持効果はあるかもしれません。このシャツ自体がモチベーションになる人もいるでしょう。

金剛筋シャツを実際に着用してみた!

金剛筋シャツを実際に着用してみた!
金剛筋シャツが発売されるや速攻購入、着用し始めて早3ヶ月。すっかり身体が金剛筋シャツになじんできた模様。

初着用時は、「申し分のない加圧ぶり。その上いつの間にか筋肉が鍛えられている」といった感じでした。
そして、結構圧力があるのに、呼吸が苦しくなることもなく、動作が制限されるようなこともありません。

更に、身体がじわじわ温まるような感覚がありました。
2日続けて着用すると少々筋肉に痛みを感じました(とはいえ、たいした痛みではありません)。

使用し始めて一週間後、鏡で身体をチェックした時、「心持ち痩せた?」ぐらいしか効果に実感が持てませんでした。ところが、その数日後に腹筋ができているのに気がついたのです。

運動量の多い高校生時代ですら腹筋と縁のなかった自分。思いのほかにスピーディな効果を体感できて、テンションが上がりました。

着用後3ヶ月経った今現在の体重は、着用前に比べてマイナス5キロ。しかも、腹筋だけでなく胸筋もついてきています。

脂肪がいつの間にか減り、代わりに筋肉がついてきて、ひきしまったボディになりつつある今日このごろ。

細マッチョを目指す人には、ぜひおすすめしたい加圧シャツです。

金剛筋シャツの効果をさらにアップするダイエット法

金剛筋シャツの着用と合わせて取り入れることで、金剛筋シャツの効力を最大限に引き出すダイエット法を4つ、以下にまとめてみます。

●スクワットダイエット

金剛筋シャツは、上半身に圧を加えながら筋肉を作っていくわけですが、バランスの良い身体づくりのために、上半身と同時並行して下半身もトレーニングすべきです。

全身の中で最も大きな筋肉である太もも。ここを集中してトレーニングすることが効率的な基礎代謝アップにつながります。スクワットを40回する方が、腹筋トレーニングを千回するよりも、身体の筋肉量を効率的に増やすことができるそうです。

シャツの加圧が成長ホルモンの分泌を促すので、体全体の筋肉の成長も促進します。そのような状態でスクワットをすると、よりスピーディな太ももの筋肉増量を期待できるのです。

バランスのとれた筋肉づくりのために、スクワットダイエットをぜひとも取り入れてください。

●炭水化物ダイエット

体脂肪率を落とすのに最も効果的な方法は、炭水化物の摂取量を減らすことです。

炭水化物を減らすと、以下の様な効果があります。

・摂取カロリーの減少
・脂肪燃焼の促進
・血糖値上昇の抑制

血糖値上昇の抑制により、脂肪燃焼がアップ。そして摂取カロリー自体が少ないということが体脂肪を減少させる要因となります。というのも、摂取カロリーの低下にともない、体がエネルギーの不足を補充するために脂肪を燃焼するからです。

これで、炭水化物ダイエットの概念をご理解いただけたかと思います。ただ、いくら概念を理解しても、いざ実践となると話は別。そこで、イチオシの炭水化物ダイエットをご紹介します。

その方法とは、冷蔵庫でごはんを冷やして食べるだけという、いたってシンプルなもの。実は、ごはんには、低温にすると消化されにくいでん粉(レジスタントスターチ)に変わる性質があります。食べる量はそのままで摂取カロリーだけをカットできるこのやり方は、とても実行しやすいダイエット法といえます。この方法は麺類やパン類にも適用できます。ぜひ取り入れてみてください。

●食べ順ダイエット

さらに安直に、体脂肪率を落とすことのできるダイエット法をご紹介します。

それは、食べ順ダイエットです。

食べる量はそのままで変化をつけず、食べる順番を変える、というもの。そうすることによって、脂肪や糖の吸収を抑制するのです。

食べる順番は以下のとおりです。

1.汁物

2.野菜類

3.肉類、魚類

4.米、麺類

この食べ順ダイエット、食事量は現状維持のままなので実行は簡単。ぜひお試しください。

●ドローインダイエット

ドローインダイエットはとても手軽にできる痩身法です。なぜなら、ただ単に腹筋の力でお腹を引っ込ませるだけ、だからです。

意識的に腹筋を使うことでインナーマッスルが増量。その結果、基礎代謝が上がり、身体が痩せやすい状態に変化します。その上、鍛えられたインナーマッスルと腹筋がコルセットのような機能を果たし、余った脂肪をはみ出させないようにガードするのです。

そういうわけで、体重の減少もさることながら、ルックス面でのボディの引きしまり効果を実感できるのが、このドローインダイエットの特色です。

このダイエット法の原理は、金剛筋シャツと同様のもの。よって、金剛筋シャツと併用するのに打ってつけのダイエット法といえます。いつでもどこでもお腹を引っ込めさえすれば、効果が上がるダイエット。これを実践しない手はありません。

なぜ筋トレがつらいのか?

たくましい体を得たい、というのは男性すべての願いといっても過言ではありません。「中身の方が大事だよ」という人もいるでしょうが、やはり見た目の男らしさは女性への性的アピールになるため、筋骨隆々の体への憧れは生物学的にも当然な欲求といえます。

今年こそは、とジム通いを決意し、筋トレを始める人が毎年たくさんいます。しかし半年も続けばいい方で、ほとんどの人は3ヶ月もしないうちにトレーニングをやめてしまうようです。

なぜ筋トレはつらいのか、その理由について説明してみましょう。

人間のすべての動きは、脳からの電気信号によって制御されています。確かに「転倒しそうになったとき、体を支えるために手や足を前に出す」「飛んできたボールなどを避ける」といった「反射」の行動もありますが、基本的には脳からの刺激によって筋肉は動いているのです。

長期間に渡るトレーニングが徐々につらくなってくるのは、筋肉を頑張って動かしているのに、その結果得られるものがわずかだから。

どんなに頑張ったとしても、一定期間できたえられる筋肉や、燃焼される脂肪は少しだけです。おまけに、筋トレにはある程度の苦痛が伴います。強い意思の力で、自ら運動しようとストイックに思い込まなければとても続けられるものではありません。途中で脱落者が多くなるのも当然でしょう。

その点、金剛筋シャツは違います。特別な筋トレを行わなくても腹筋などの上半身が十分にきたえられ、自然にたくましい体が得られます。さらに、むくみの原因となるリンパの滞りを、加圧によって解消。筋肉に刺激が加えられるので、無理な運動を行わなくても脂肪燃焼が促進されます。

筋肉と基礎代謝の関係

金剛筋シャツを使って筋肉をつけていくと、自然に基礎代謝が上がる、といわれています。

そのメカニズムはどのようなものなのでしょうか?

詳細を述べる前に、まず「代謝」ということについて説明してみましょう。

代謝というのは、人間に限らず、動物や植物などの生物体による生化学反応の総称。外部のエネルギーや物質を体内に取り込み、細胞や組織によって別のものに変え、いらなくなった老廃物を外部に排出する働きです。

光合成などもその代表的なものですが、人間の場合は具体的にいうと、食事で摂取した栄養素をエネルギーに変える作用を指します。

その総エネルギー消費量の内訳は、基礎代謝量(約60%)、食事誘発性熱産生(約10%)、身体活動量(約30%)の3つ。3つの中で基礎代謝量が最も多くなっています。この「基礎代謝」というのは、じっとしていても生命維持(呼吸、消化、血液の循環、体温維持など)のために行われる代謝活動のこと(ちなみに「身体活動量」は文字通り運動や日常生活での活動によって消費されるエネルギー量。「食事誘発性熱産生」は食事の摂取で体温が上がることによるエネルギー消費を指します)。

基礎代謝量というのは身長が伸びるに従って高まっていき、20歳を越えると徐々に低下していきます。これはなぜかというと、加齢にしたがって筋肉の量が減少していくからです。

エネルギーを多く使うのは、体の中でも手・足などの骨格肉、それに心臓や脳。それぞれの部位が全エネルギーの2割ずつを消費しています。ですから筋肉が衰えると基礎代謝量は当然低くなってしまうわけです。

これは逆にいえば、筋肉が増大すれば基礎代謝も増えるということ——。

基礎代謝が高い人は、エネルギーの消費が活発です。そのため、大量に食べたとしてもぜい肉が付きにくく、余分なものを簡単に排出する体になっています。

一方、基礎代謝が低い人は、食べるとすぐに栄養素を脂肪としてため込んでしまい、それがなかなか消費されない体質です。「体温が低い」「冷え性」「むくみが出やすい」「汗が出にくい」「疲れやすい」などの特徴があり、病気にもなりがちです。特に運動不足で太っている人の場合、筋肉が乏しいため、間違いなく基礎代謝が低下しています。

金剛筋シャツを使って筋肉をつければ、基礎代謝は上がりますが、さらに効果を高めようと思ったら、日常生活で積極的に体を動かすことが大切です。ウォーキング、水泳といった有酸素運動は特におすすめ。

基礎代謝がアップすれば、運動していないときのエネルギー消費も増えますから、減量したあとのリバウンドも起こりにくくなります。ダイエットを成功させるためにも、筋肉をつけることが欠かせないわけです。

更新日:

Copyright© 『本当に効いた!金剛筋シャツの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.